ご近所さんに頂いた教育用おもちゃ。

平仮名板を押すとその平仮名を自動で読んでくれるので音からも学べるというもの。

あまり使っている雰囲気はなかったけど、その平仮名に書いてある絵で文字を覚えていたようです。

たとえば、「も」には桃の絵が描かれているので、桃の「も」って覚えているらしい。

4歳の誕生日を境にして、突如として平仮名を一文字ずつ読み始めました。

その文字列が意味をなすものだという感覚は今のところおぼろげのようですけど、次第にその感覚もつかんでくるでしょう。

自ら学ぶ姿勢は本当に感心します。これを大人になっても続けていけばきっと大変なことになるはずなのに、どうして物心がついたらその成長スピードを緩めてしまうのでしょうか(笑)

最近では至る所で平仮名を見つけては音読するのがクセになったかのように続けています。その度に反応するのはちょっと大変ですが、読めるようになった喜びを感じて誇らしげにしている姿はとてもかわいいものですw

一番オトクな
学資保険をご存知ですか?