朝起きたら上の子の瞼が腫れてました。

経験上、ものもらい。

自分だったら市販の目薬をつければ治りますが、3歳の子供にも使える目薬でもないようなので、眼科へ行くことに。

世の中はGW真っただ中の祝日。いつもの眼科は休診日です。

ネットで祝日にもやってる眼科を探したら、わずかに少しだけ発見。

車で片道1時間かかりますが、やっぱり今日のうちに治療をしたいですからね。

診療開始時刻から20分経過したくらいで到着するも、待合室はびっしり。次から次へと患者さんはやってきます。

どうやら予約している人もいるようで、後から来た人も先に診察を受けています。

結局終わったのは眼科へ入ってから2時間後のことでした。

嫁はパートだったので、下の子も連れて行ったのですが、2時間もしっかりと我慢して待っていてくれた2人に感謝。

飽きて暴れたりするかなーと心配してましたが、静かに遊んで待っていられたのは立派だったと思います。

ものもらいはうつるのか先生に尋ねてみました

診察の結果はものもらいで、目薬をさせばOKとのことでした。

ものもらいはうつると思っている(そもそも名前もそんな感じだし)ので、眼科医に尋ねてみました。

下の子にうつった時に同じ目薬を使っても良いか?が次に知りたいこと。

眼科医の答えは、

「ものもらいはうつらない」

でした。

私が高校生の時に、左目にものもらいができて、翌日学校へ行くと左の席の女の子の右目にものもらいができていて、絶対にこの子からうつったと思っていたのですが、単に偶然だったようです。

それにしても、祝日にやっている病院は本当に助かります。

かなり待つことになってもやっぱり行く価値はありますね。

一番オトクな
学資保険をご存知ですか?