上の子は想像以上に順調に慣らし保育を進められているので、もしかしたらもうフルで通ってもいいんじゃないかとすら思っている。

それでも保育園の先生としてはステップを踏んでいきましょうということで、今日は昼寝から覚めたら帰るという予定。

嫁がその時刻に迎えに行くと、涙を堪えている息子がいたそうです。

昼寝から目覚めたら知らないところでお父さんもお母さんもいなくて寂しかったらしいです。

帰りの車で号泣したそうですが、保育園では涙を懸命に堪えていたというのはなかなか大したものだと感心。

思いっきり泣いたら家ではもうすっかりいつもの状態でした。

明日も昼寝をするつもりらしいので、心配はいらないかなーと思っています。

 

一方の下の子は今日も2時間半で慣らし保育終了。少しずつ慣れてきているみたいでこちらも順調です。

どちらも1日ごとに確実に成長しているのが見て取れて本当に嬉しい。

 

あっという間に保育園にも慣れて、親の手からまた一つ離れるのでしょう。

 

淋しいけど誇らしくもありますね。

一番オトクな
学資保険をご存知ですか?