だいぶ前に撮影しに行った七五三の写真が自宅に届きました。

A4サイズくらいの額に入った写真が一つと、データが入ったディスクが届いたわけですけど、これで1万6千円かぁというのが正直なところ。

たしかに、衣装を借りて撮影もしてくれて、額縁に写真を入れてくれてデータまでくれた。でも、額縁を家の中に飾ったとしても、データを見ることなんてあと何回あることやら…。

七五三って、たしかお宮参りに行くのが主のはずなのに、商業的なものがいつしか強くなってきて、写真を撮る日みたいになっているのもちょっと気になるところ。

そもそも写真なんて毎日のようにスマホで撮ってるので特段必要ないのような気がしているのだけど、嫁は「みんな撮ってるから」という相変わらずの思考停止的な判断で写真を撮りに行ったこともあまり自分の中では納得していないわけで…。

でも、ちょっと前に子供が生まれた俺の妹なんかは、写真館で子供の写真を撮って、親に配るようにちょっとしたファイルに入れたり大きくプリントしたりで、8万円もかけたそうです。周りは10万円超えの人が多いのでこれでも安い方だわ~なんて言ってたけど正気なんだろうか?

それなら子供に大量の絵本を買ってやった方が遥かに意味のあるお金の使い方だと思うけどなぁ。

上の子が生まれて初めて行った写真館の思い出

子供が生まれると新聞の出生欄か何かで情報を掴んだ企業が、一斉に色んな案内を送ってくる。

その中に写真館のチラシがあったのだけど、見てみると写真撮影も持ち帰りも無料みたいなのがあった。

せっかくだから撮影してもらって写真を貰ってこようと思って出かけてみた。きっと良くあるお試し無料のようなものだろうという気持ちだった。

衣装はいくら選んでも無料です。なんて言うので、カワイイ衣装を3つくらい選んで撮影。赤ちゃんだったから良い写真を撮るのも大変でしたけど、着ぐるみを着たカワイイ写真を撮ることができました。

最後に、写真を見て「どれにしますか?」と聞かれたので、全部貰って帰れるんじゃないの?と疑問に思いつつも、あれもこれもと選んでいると、「合計で●万円になります」(金額は忘れた。あまりに驚いたのでw)とのこと。

無料でできると思っていた私たちでしたが、どうやら無料なのは1枚だけちょっとだけ大きめの写真だけで、あとは普通通りの請求らしい(説明もしないので「らしい」としか言えない)。

説明するおねーちゃんも自信がないのか、自分自身でもよくわかってないのか、説明もしない。しかも説明を求めるとキレ気味にどれにしますかと答えるというありさま。

まぁこんなことでケンカしてもしゃーないので、なかなかよく撮れてる写真をいくつか選んで8千円払って帰ってきました。今思い出しても腹が立つ対応だったなー。

そして、今その写真はどこにあるのかわかりません(笑)

結局、写真なんてそんなもんじゃないのかな。だからそんなことに1万ナンボも出すのがちょっと嫌だなぁーというのが本当のところ。

これからも七五三の時期になったら、こんなことをするんだろうな。

一番オトクな
学資保険をご存知ですか?